ドラゴンクエスト9はPS2でもPS3でもなく、ニンテンドーDS用の作品として発売されます。


「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は、前作から3年ぶりに発売されるシリーズの最新作です。
ドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として多くのファンを持ちますが、今年でなんとシリーズ生誕21周年になるそうです。
ドラゴンクエストシリーズには、これまで発売されている8作の本編以外にも「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回発売されるのはもちろん本編の9作目です。
ドラゴンクエスト9はPS2でもPS3でもなく、ニンテンドーDS用の作品として発売されます。本編シリーズが携帯機としてどのような展開を見せるのか、非常に興味がそそられます。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。

開発は、「ドラゴンクエスト8」に引き続きレベル5(レベルファイブ)が担当。シナリオ&ゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏と、スタッフは「ドラゴンクエスト8」と同じということになります。
ドラゴンクエストの魅力のひとつにあの音楽がありますが、作曲家のすぎやまこういち氏は「死ぬまでドラクエの音楽を作ります!」宣言しています。
「星空の守り人」というサブタイトルが用意されていることから見ると、過去のシリーズにあった「天空城」のような、空をテーマにしたストーリーが用意されているのかもしれません。
ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで呪文をかけることができるというのも、ニンテンドーDSらしいところです。

ニンテンドーDS用になってどこでも楽しめるようになったドラゴンクエスト9。これなら、夢中になりすぎて会社を休むこともないかもしれません?

シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。


「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が2007年中に発売されます。待望のナンバリングタイトルで、今から発売日が待ちきれません。
今年で、すでに発売20周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。

本編シリーズとしては初のニンテンドーDS用の作品となる「ドラゴンクエスト9」ですが、やはり家庭用機での作品とはちがう楽しみ方もできるようです。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
ということは、ニンテンドーDSのワイヤレス通信機能を使えば、ゲームの中の仲間が本当の「仲間」として一緒に冒険できるようになるのです。
制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当するだけでなく、ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めているので、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。
「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」印象的なドラクエのテーマの作曲を担当するすぎやまこういち氏も本作にかける意気込みを語っています。
これまでは、モンスターに出くわすと戦闘シーンに入りましたが、ドラゴンクエスト9は上から見た視点でのアクションRPGでフィールドを歩いているスライムやばくだん岩にそのまま攻撃をすることができます。
ギガやパルプンテなど、ドラクエシリーズでおなじみの呪文は、唱える呪文を選択したあとに、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えます。
着替えると3Dのキャラクターの外見が変わったりするので、ネットワークで友達と遊ぶ時にもビジュアルを変えて目立ってみてはどうでしょう?
携帯用機のソフトになって、どこでもプレイできるようになるドラゴンクエスト9。電車でも隣の席が気になってしまいそうですね。

「より多くの人に楽しんでもらうために」という理由でドラゴンクエスト9は携帯ゲーム機のニンテンドーDS用ソフトとして発売されます。


「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」がついに年内中に発売されます。
ドラゴンクエストの発売日には、全国の販売店には朝から長蛇の列ができるほど影響力を持っています。まさに、日本を代表するRPGと言えます。
2006年12月現在、外伝作品を含めたドラゴンクエストシリーズ作品全体のソフトの売上は約4100万本にのぼりますが、今回は本編の9作目になります。
「より多くの人に楽しんでもらうために」という理由でドラゴンクエスト9は携帯ゲーム機のニンテンドーDS用ソフトとして発売されます。
ニンテンドーDSらしく、Wi-Fi通信を駆使した作品になるのがドラゴンクエスト9の最も大きな特徴になることが明らかになっています。
これまでのドラゴンクエストシリーズは1人で遊ぶしかなかったのですが、今度は「本当の仲間と冒険ができる」ようになるということです。
制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当するだけでなく、ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めているので、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。
ドラクエと言えば、あのテーマソングを外すことはできませんが、作曲のすぎやま氏は「音楽業界でゲームに一番強い男、ゲーム業界で音楽に一番強い男、というタイトルを頑張って守っていきたいと思います」と、更なる意気込みを語っています。

ギガディンやバギなどの攻撃呪文、ベホイミやザオリクなどの回復呪文など、おなじみの呪文ももちろん登場しますが、唱え方は呪文を選んでからターゲットをタッチペンで触れるという、ニンテンドーDSらしい方法です。
ドラゴンクエスト9では、キャラクターが装備によって見た目も変化するので、友達とプレイするときにも目立つことができます。
ドラゴンクエスト9は、ネットワークゲームという敷居の高いゲームを、誰でも遊べるものにしてくれるでしょう。

ドラゴンクエストシリーズには、外伝的な作品もありますが、今回の「ドラゴンクエスト9」は外伝的な存在ではなく、まぎれもなく本シリーズです


ドラゴンクエストシリーズの最新作、「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が前作から3年ぶりに発売されます。
今年で、すでに発売21周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。
ドラゴンクエストシリーズには、外伝的な作品もありますが、今回の「ドラゴンクエスト9」は外伝的な存在ではなく、まぎれもなく本シリーズです
これまでのドラクエ本編シリーズと違い、ドラゴンクエスト9は携帯機のニンテンドーDS用ソフトして発売されるということで、非常に興味深いですね。
ネットワーク対応RPGとして、ニンテンドーDSお得意のワイヤレスネットワーク機能を使った作品であるということが最大の特徴でしょう。

今回も製作スタッフは堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏を筆頭にプロデューサーや製作会社のレベルファイブも前作と同じメンバーで製作されています。
そして、ドラゴンクエストと言えばあの音楽も忘れることができませんが、製作発表会で作曲家、すぎやまこういち氏は「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」と宣言しています。
戦闘シーンはこれまでと違って、上から見た視点でのアクションRPGという色が強くなっており、フィールドを歩いているモンスターに直接攻撃をしかけることができます。
ギガディンやバギなどの攻撃呪文、ベホイミやザオリクなどの回復呪文など、おなじみの呪文ももちろん登場しますが、唱え方は呪文を選んでからターゲットをタッチペンで触れるという、ニンテンドーDSらしい方法です。
ゲーム画面では主人公や敵キャラはポリゴンで描かれ、戦闘画面、フィールド画面ともにクオータービューの3Dとなっています。
ニンテンドーDS用になったことについて、ファンは「どこでも楽しめるようになってうれしい」という声もある反面、「やはり大画面でプレイしたい」という声も少なくないようです。

今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作ですが、外伝的な作品も入れるとシリーズの売り上げ本数は約4100万本にのぼります。


ドラゴンクエスト9発売の話題がなっています。発売もとのスクエア・エニックスによると、サブタイトルは「星空の守り人」とのこと。タイトルだけでもわくわくします。
ドラゴンクエストは、世界中の様々ななぞを解き明かしながら冒険を進めるロールプレイングゲームで、最初の発売から21年経っても新作が発売される日には全国の販売店に行列が出来るほどです。
今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作ですが、外伝的な作品も入れるとシリーズの売り上げ本数は約4100万本にのぼります。
今回のドラゴンクエスト9は、ニンテンドーDS用のソフトとして発売されるということで、これまでのドラクエとは違った楽しみ方ができそうです。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
つまり、今度はワイヤレス通信を使って「本当の仲間と冒険ができる」ということで、1人でしか遊べなかったドラゴンクエストシリーズも大きな変化を遂げたと言えるでしょう。
制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当するだけでなく、ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めているので、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。

さて、気になるゲーム内容ですが、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなどプロモーション映像では意味深なものも公開されています。
ギガやパルプンテなど、ドラクエシリーズでおなじみの呪文は、唱える呪文を選択したあとに、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えます。
また、この作品のキャラクターは「ドラゴンクエスト8」以上に装備によって、ビジュアルが変化するようにもなっています。ネットワークを介して、友達とプレイする際、自分オリジナルのコーディネイトで目立つことできるらしいです。
ドラゴンクエスト9の攻略ページもすでにネット上には準備され、発売を心待ちにしているファンの期待をさらに盛り上げています。

今年で、すでに発売21周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。


ドラゴンクエストシリーズの最新作、「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が前作から3年ぶりに発売されます。
今年で、すでに発売21周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。
今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作ですが、外伝的な作品も入れるとシリーズの売り上げ本数は約4100万本にのぼります。
本編シリーズとしては初のニンテンドーDS用の作品となる「ドラゴンクエスト9」ですが、やはり家庭用機での作品とはちがう楽しみ方もできるようです。
「ドラクエ9」はニンテンドーDSならではのワイヤレス通信機能を生かし、ひとつの世界をひとりだけではなく、本当の“仲間”といっしょに冒険する“ネットワーク体験”の醍醐味も実現することができるのが大きな特徴です。
またニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応予定で、4人でのオンラインプレイにも対応します。
制作スタッフは、これまでのシリーズと同じくシナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏という、ドラクエファンにはおなじみの布陣に、開発は前作同様レベルファイブが担当します。
開発を担当するレベルファイブ社長の日野氏は、「『VIII』で見た目が変わったのに対して、『IX』は内容が変わりそうな感じで、私もワクワクしています」と語っています。
これまでのシリーズ作と大きな違いとして、エンカウントして戦闘シーンに突入するのではなく、PC用のオンラインゲームのように、フィールドにスライムやばくだん岩が歩いており、シームレスにそのまま戦うことが可能になっています。
ドラクエシリーズの楽しみのひとつである呪文もニンテンドーDSならではの方法で、唱える呪文を選択したあと、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えることができるようになりました。
ネットワークを使えば、友人が画面上のキャラクターとして活躍してくれますが、そんな時に着替えをしてビジュアルを変えることで目立つこともできるようです。
すでにドラゴンクエスト9の攻略法というページも準備されていることからも、発売後の盛り上がりが期待できますね。

「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」がついに年内中に発売されます。


「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」がついに年内中に発売されます。
ドラゴンクエストは名実共に日本を代表するロールプレイングゲームです。このゲームの発売日には全国各地の販売店には行列ができ、社会的に大騒ぎになるほどの影響力をもったゲームです。

最新作の「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は、ニンテンドーDS用として本編シリーズ初の携帯機向けの作品になります。

これまでのドラゴンクエストシリーズは1人で遊ぶしかなかったのですが、今度は「本当の仲間と冒険ができる」ようになるということです。
ドラゴンクエスト9は、前作を手がけた堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏と、株式会社レベルファイブが再び結集して製作にあたっています。
そして、ドラゴンクエストと言えばあの音楽も忘れることができませんが、製作発表会で作曲家、すぎやまこういち氏は「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」と宣言しています。
内容の方は、サブタイトルが「星空の守り人」とされていることから、過去のシリーズにあった「天空城」のような、空をテーマにしたストーリーが用意されているのかもしれません。
攻撃の呪文や、回復の呪文などドラゴンクエスト9でも様々な呪文が使えますが、これまでと違う点はニンテンドーDSらしく、タッチペンでターゲットとなる仲間や敵を触れることで唱えることができます
また、この作品のキャラクターは「ドラゴンクエスト8」以上に装備によって、ビジュアルが変化するようにもなっています。ネットワークを介して、友達とプレイする際、自分オリジナルのコーディネイトで目立つことできるらしいです。
発売前のファンの声では、携帯機用になったことの利便性に対する期待もあり、また一方ではアクション性の強いバトルは「歓迎できない」という声も多いようです。

ドラゴンクエスト9発売の話題がなっています。


ドラゴンクエスト9発売の話題がなっています。発売もとのスクエア・エニックスによると、サブタイトルは「星空の守り人」とのこと。タイトルだけでもわくわくします。
ドラゴンクエストが、家庭用ゲーム機では初と言える本格的なロールプレイングゲームとしてデビューしてから、すでに21年。続編も次々と発売されています。
ドラゴンクエストシリーズには、外伝的な作品もありますが、今回の「ドラゴンクエスト9」は外伝的な存在ではなく、まぎれもなく本シリーズです
ドラゴンクエスト9は本編シリーズ初のニンテンドーDS用ソフトとして開発されました。これまでの家庭用機のドラクエとは一味ちがう楽しみ方が広がりそうです。
最大の特徴は、ニンテンドーDSが得意とするワイヤレスネットワーク機能を使った"ネットワーク対応RPG"であることです。
これまでのドラゴンクエストシリーズは1人で遊ぶしかなかったのですが、今度は「本当の仲間と冒険ができる」ようになるということです。
制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当するだけでなく、ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めているので、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。
そして、ドラゴンクエストと言えばあの音楽も忘れることができませんが、製作発表会で作曲家、すぎやまこういち氏は「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」と宣言しています。

ニンテンドーDSらしく、タッチペンを使って呪文をかけますが、パーティー全体に攻撃をしかける呪文はタッチペンでターゲットした点を中心に一定範囲に効果を与えることができるようになります。
ネットワークで友達と遊ぶときには、キャラクターを着替えさせると外見を変えることができるので、画面の中でも目立たせることが可能になりました。
すでにドラゴンクエスト9の攻略法というページも準備されていることからも、発売後の盛り上がりが期待できますね。

今年で、すでに発売21周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。


今年で、すでに発売21周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。
ドラゴンクエストには本編から派生した外伝的な作品もありますが、今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作になります。
ドラゴンクエスト9は「ドラゴンクエストモンスターズ」に続くDS用作品として発売されますが、本編シリーズがDSではどのような展開を見せるのか楽しみです。
電源を入れるだけでネットワークにつながるニンテンドーDSの特徴を活かして、複数のプレイヤーが参加できるようになるとのこと。
ニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応予定で、4人でのオンラインプレイにも対応しますが、「本編」としてリリースされるだけにもちろん1人で遊んでも十分楽しめることができます。
ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めて、制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当と、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。
あのドラクエのテーマでおなじみの作曲家、すぎやまこういち氏も「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」と宣言しています。
さて、内容が気になりますが、プロモーション映像では、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなど、意味深なものもいくつか見られています。
ギガデインのようなパーティ全体に攻撃を行うことができた呪文は、範囲呪文となっており、ターゲットした点を中心に一定範囲に効果を与えることができるようです。
着替えると3Dのキャラクターの外見が変わったりするので、ネットワークで友達と遊ぶ時にもビジュアルを変えて目立ってみてはどうでしょう?
ドラゴンクエスト9の攻略ページもすでにネット上には準備され、発売を心待ちにしているファンの期待をさらに盛り上げています。

ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めて、制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当と、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。


「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が2007年中に発売されます。待望のナンバリングタイトルで、今から発売日が待ちきれません。
ドラゴンクエストは名実共に日本を代表するロールプレイングゲームです。このゲームの発売日には全国各地の販売店には行列ができ、社会的に大騒ぎになるほどの影響力をもったゲームです。
ドラゴンクエスト9が外伝ではなく、本編として『IX』となっているからには、本編シリーズに共通するクオリティが期待できます。

最大の特徴は、ニンテンドーDSが得意とするワイヤレスネットワーク機能を使った"ネットワーク対応RPG"であることです。
発表会では、ニンテンドーWi−Fiコネクションを使った4人でのオンラインプレイや着せ替え機能なども見ることができたようです。
ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めて、制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当と、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。
キャラクターデザインでおなじみの鳥山氏は、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と新たなキャラクターを生み出すことに意欲を燃やしています。

ギガディンやバギなどの攻撃呪文、ベホイミやザオリクなどの回復呪文など、おなじみの呪文ももちろん登場しますが、唱え方は呪文を選んでからターゲットをタッチペンで触れるという、ニンテンドーDSらしい方法です。
ネットワークで友達と遊ぶときには、キャラクターを着替えさせると外見を変えることができるので、画面の中でも目立たせることが可能になりました。
携帯用機のソフトになって、どこでもプレイできるようになるドラゴンクエスト9。電車でも隣の席が気になってしまいそうですね。

ドラゴンクエスト9は、前作を手がけた堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏と、株式会社レベルファイブが再び結集して製作にあたっています。


ドラゴンクエスト9がいよいよ今年中に発売されますね。これまでの“ドラクエ”とは違うどんな楽しさが待っているのでしょうか?
ドラゴンクエストは名実共に日本を代表するロールプレイングゲームです。このゲームの発売日には全国各地の販売店には行列ができ、社会的に大騒ぎになるほどの影響力をもったゲームです。
2006年12月現在、外伝作品を含めたドラゴンクエストシリーズ作品全体のソフトの売上は約4100万本にのぼりますが、今回は本編の9作目になります。
「より多くの人に楽しんでもらうために」という理由でドラゴンクエスト9は携帯ゲーム機のニンテンドーDS用ソフトとして発売されます。
ニンテンドーDSらしく、Wi-Fi通信を駆使した作品になるのがドラゴンクエスト9の最も大きな特徴になることが明らかになっています。
つまり、これまで1人でのプレイしかできなかったドラゴンクエストの世界をネットワーク機能は「本当の仲間と冒険ができるようになる」にしてくれるのです。
ドラゴンクエスト9は、前作を手がけた堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏と、株式会社レベルファイブが再び結集して製作にあたっています。
開発を担当するレベルファイブ社長の日野氏は、「『VIII』で見た目が変わったのに対して、『IX』は内容が変わりそうな感じで、私もワクワクしています」と語っています。

タッチペンでターゲットとなる敵や仲間を選ぶことによって、ギガやパルプンテなどおなじみの呪文をかけることができます。
ネットワークで友達と遊ぶときには、キャラクターを着替えさせると外見を変えることができるので、画面の中でも目立たせることが可能になりました。
ニンテンドーDS用になってどこでも楽しめるようになったドラゴンクエスト9。これなら、夢中になりすぎて会社を休むこともないかもしれません?

ドラゴンクエスト9が2008年中に発売されることが、スクエア・エニックスから発表されています


ドラゴンクエスト9が2008年中に発売されることが、スクエア・エニックスから発表されています。サブタイトルは「星空の守り人」。今度はどんな冒険が待っているのでしょう?
今年で、すでに発売20周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。
ドラゴンクエストシリーズには、これまで発売されている8作の本編以外にも「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回発売されるのはもちろん本編の9作目です。
ドラゴンクエスト9は、今ノリにノッているニンテンドーDS用のソフトとして発売されるということで、ドラクエはもちろんニンテンドーDSもさらに売れまくってしまうのでしょう。
電源を入れるだけでネットワークにつながるニンテンドーDSの特徴を活かして、複数のプレイヤーが参加できるようになるとのこと。
またニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応予定で、4人でのオンラインプレイにも対応します。
制作スタッフは、今回も変わらない布陣でシナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が担当するので、きっとファンの期待に十分に応えてくれるでしょう。
デザインの鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と意欲を燃やしています。
ゲームの内容が気になりますが、全体としてはこれまでのコマンド選択による戦闘とは大きく異なって、上から見た俯瞰視点でのアクションRPGという色が強いようです。
ギガディンやバギなどの攻撃呪文、ベホイミやザオリクなどの回復呪文など、おなじみの呪文ももちろん登場しますが、唱え方は呪文を選んでからターゲットをタッチペンで触れるという、ニンテンドーDSらしい方法です。
ネットワークを使って、友達とプレイする際には、自分オリジナルのコーディネイトで目立つこともできるようです。
ドラゴンクエスト9は、ネットワークゲームという敷居の高いゲームを、誰でも遊べるものにしてくれるでしょう。

ドラゴンクエストが、家庭用ゲーム機では初と言える本格的なロールプレイングゲームとしてデビューしてから、すでに20年。続編も次々と発売されています。


「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」がついに年内中に発売されます。
ドラゴンクエストが、家庭用ゲーム機では初と言える本格的なロールプレイングゲームとしてデビューしてから、すでに20年。続編も次々と発売されています。
ドラゴンクエストシリーズには、これまで発売されている8作の本編以外にも「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回発売されるのはもちろん本編の9作目です。
ドラゴンクエスト9はPS2でもPS3でもなく、ニンテンドーDS用の作品として発売されます。本編シリーズが携帯機としてどのような展開を見せるのか、非常に興味がそそられます。
ドラゴンクエスト9をニンテンドーDS用にした理由についてシナリオ担当の堀井氏は、「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と語っています。
これまでのドラゴンクエストシリーズは1人で遊ぶしかなかったのですが、今度は「本当の仲間と冒険ができる」ようになるということです。
今回も製作スタッフは堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏を筆頭にプロデューサーや製作会社のレベルファイブも前作と同じメンバーで製作されています。
デザインの鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と意欲を燃やしています。
さて、気になるゲーム内容ですが、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなどプロモーション映像では意味深なものも公開されています。
攻撃の呪文や、回復の呪文などドラゴンクエスト9でも様々な呪文が使えますが、これまでと違う点はニンテンドーDSらしく、タッチペンでターゲットとなる仲間や敵を触れることで唱えることができます
ゲーム画面では主人公や敵キャラはポリゴンで描かれ、戦闘画面、フィールド画面ともにクオータービューの3Dとなっています。
ドラクエファンの間では、ニンテンドーDSになったことについて賛否両論分かれていますが、1200万台以上売れているニンテンドーDSにドラクエが加われば、まさに鬼に金棒でしょう。

今年で、すでに発売20周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。


「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」がついに年内中に発売されます。
今年で、すでに発売20周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。
ドラゴンクエスト9が外伝ではなく、本編として『IX』となっているからには、本編シリーズに共通するクオリティが期待できます。
ドラゴンクエスト9は「ドラゴンクエストモンスターズ」に続くDS用作品として発売されますが、本編シリーズがDSではどのような展開を見せるのか楽しみです。
製作スタッフは「DSなら、電源を入れるだけで簡単にネットワークにつながります。誰とでも一緒に冒険できる『ドラゴンクエスト』を作りたかったんです」と説明しています。
ということは、ニンテンドーDSのワイヤレス通信機能を使えば、ゲームの中の仲間が本当の「仲間」として一緒に冒険できるようになるのです。
ゲームデザインは堀井雄二氏、音楽はすぎやまこういち氏、キャラクターデザインは鳥山明氏と、おなじみのメンバーががっちりと本丸を固めて、制作は『VIII』に続いてレベルファイブが担当と、ファンには心強い布陣で鋭意制作されています。

内容の方で大きな違いがあるのは戦闘シーンで、エンカウントして戦闘シーンに突入するのではなく、PC用のオンラインゲームのように、フィールドにいるスライムやばくだん岩にそのまま攻撃することが可能になっています。
ドラクエシリーズの楽しみのひとつである呪文もニンテンドーDSならではの方法で、唱える呪文を選択したあと、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えることができるようになりました。
ドラゴンクエスト9では、キャラクターが装備によって見た目も変化するので、友達とプレイするときにも目立つことができます。
ドラクエファンの間では、ニンテンドーDSになったことについて賛否両論分かれていますが、1200万台以上売れているニンテンドーDSにドラクエが加われば、まさに鬼に金棒でしょう。

「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は、前作から3年ぶりに発売されるシリーズの最新作です。


「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は、前作から3年ぶりに発売されるシリーズの最新作です。
ドラゴンクエストが、家庭用ゲーム機では初と言える本格的なロールプレイングゲームとしてデビューしてから、すでに20年。続編も次々と発売されています。
ドラゴンクエストシリーズには、これまで発売されている8作の本編以外にも「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回発売されるのはもちろん本編の9作目です。
最新作の「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は、ニンテンドーDS用として本編シリーズ初の携帯機向けの作品になります。
ドラゴンクエスト9をニンテンドーDS用にした理由についてシナリオ担当の堀井氏は、「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と語っています。
さらに4人までのネットワーク対戦が可能で、発表会では着せ替え機能や徘徊する敵との戦闘なども見ることができたとのことです。
制作スタッフは、シナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏が担当するという、今回も変わらない布陣なので、きっと期待を裏切らないでしょう。


また回復や攻撃の呪文は、唱える呪文を選択したあと、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えることができます。
ニンテンドーDSの2つの画面ですが、ドラゴンクエスト9で遊ぶときには、上の画面にマップを表示して下の画面でプレイするようになるようです。
ドラゴンクエスト9の攻略ページもすでにネット上には準備され、発売を心待ちにしているファンの期待をさらに盛り上げています。

今年で、すでに発売20周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。


ドラゴンクエストシリーズの最新作、「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が前作から3年ぶりに発売されます。
今年で、すでに発売20周年を迎えるドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として、数多くのファンを持ちます。
これまで、ドラゴンクエストシリーズには「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回の「ドラゴンクエスト9」は「8」に続く本編シリーズです。
ドラゴンクエスト9は、今ノリにノッているニンテンドーDS用のソフトとして発売されるということで、ドラクエはもちろんニンテンドーDSもさらに売れまくってしまうのでしょう。
ネットワーク対応RPGとして、ニンテンドーDSお得意のワイヤレスネットワーク機能を使った作品であるということが最大の特徴でしょう。
さらに4人までのネットワーク対戦が可能で、発表会では着せ替え機能や徘徊する敵との戦闘なども見ることができたとのことです。
制作スタッフは、これまでのシリーズと同じくシナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏という、ドラクエファンにはおなじみの布陣に、開発は前作同様レベルファイブが担当します。

さて、気になるゲーム内容は、上から見た俯瞰視点でのアクションRPGで、これまでのコマンド選択による戦闘とは大きく異なります。
また回復や攻撃の呪文は、唱える呪文を選択したあと、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えることができます。
「ドラゴンクエスト8」以上に装備によって、ビジュアルが変化するようになり、ネットワークを介して、友達とプレイする際、自分オリジナルのコーディネイトで目立つことも可能になりました。
携帯用機のソフトになって、どこでもプレイできるようになるドラゴンクエスト9。電車でも隣の席が気になってしまいそうですね。

「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生的な作品を含めると、シリーズのソフト売り上げ本数は4100万本にのぼります


ドラゴンクエストファンが首を長くして待っていた、最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は2008年中に発売されます。
ドラクエと呼ばれて多くのファンを持つドラゴンクエストは、日本で一番売れているロールプレイングゲームです。その驚異的な売り上げは、まさに名実共に国民的なゲームと言えるでしょう。
「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生的な作品を含めると、シリーズのソフト売り上げ本数は4100万本にのぼります。今回発売されるのは、待望の本編シリーズです。
今回のドラゴンクエスト9は、ニンテンドーDS用のソフトとして発売されるということで、これまでのドラクエとは違った楽しみ方ができそうです。
ネットワーク対応RPGとして、ニンテンドーDSお得意のワイヤレスネットワーク機能を使った作品であるということが最大の特徴でしょう。
つまり、ワイヤレス通信を使って、友だちとともにドラクエワールドで冒険することができてしまうということです。

あのドラクエのテーマでおなじみの作曲家、すぎやまこういち氏も「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」と宣言しています。
これまでは、モンスターに出くわすと戦闘シーンに入りましたが、ドラゴンクエスト9は上から見た視点でのアクションRPGでフィールドを歩いているスライムやばくだん岩にそのまま攻撃をすることができます。
ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで呪文をかけることができるというのも、ニンテンドーDSらしいところです。
ドラゴンクエスト9では、キャラクターが装備によって見た目も変化するので、友達とプレイするときにも目立つことができます。
発売前のファンの声では、携帯機用になったことの利便性に対する期待もあり、また一方ではアクション性の強いバトルは「歓迎できない」という声も多いようです。

ドラゴンクエスト9は、「\」のナンバリングタイトルが付く本編シリーズで、外伝作品にはないクオリティが期待されます。


ドラゴンクエスト9がいよいよ今年中に発売されますね。これまでの“ドラクエ”とは違うどんな楽しさが待っているのでしょうか?
ドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として多くのファンを持ちますが、今年でなんとシリーズ生誕20周年になるそうです。
ドラゴンクエスト9は、「\」のナンバリングタイトルが付く本編シリーズで、外伝作品にはないクオリティが期待されます。

シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
つまり、今度はワイヤレス通信を使って「本当の仲間と冒険ができる」ということで、1人でしか遊べなかったドラゴンクエストシリーズも大きな変化を遂げたと言えるでしょう。
制作スタッフは、これまでのシリーズと同じくシナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏という、ドラクエファンにはおなじみの布陣に、開発は前作同様レベルファイブが担当します。
ドラゴンクエストの魅力のひとつにあの音楽がありますが、作曲家のすぎやまこういち氏は「死ぬまでドラクエの音楽を作ります!」宣言しています。
これまでのシリーズ作と大きな違いとして、エンカウントして戦闘シーンに突入するのではなく、PC用のオンラインゲームのように、フィールドにスライムやばくだん岩が歩いており、シームレスにそのまま戦うことが可能になっています。

「ドラゴンクエスト8」以上に装備によって、ビジュアルが変化するようになり、ネットワークを介して、友達とプレイする際、自分オリジナルのコーディネイトで目立つことも可能になりました。
ドラゴンクエスト9をニンテンドーDSで出すことでこれまではあまりゲームをしなかった新たなユーザー層も増えるのではないでしょうか?

今回のドラゴンクエスト9は、ニンテンドーDS用のソフトとして発売されるということで、これまでのドラクエとは違った楽しみ方ができそうです。


ドラゴンクエストシリーズの最新作、「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が前作から3年ぶりに発売されます。


今回のドラゴンクエスト9は、ニンテンドーDS用のソフトとして発売されるということで、これまでのドラクエとは違った楽しみ方ができそうです。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
ワイヤレス機能を使えば、友達と一緒にドラクエワールドで冒険することができてしまいますが、「本編」シリーズですから1人でも十分楽しめるのはもちろんです。
開発は、「ドラゴンクエスト8」に引き続きレベル5(レベルファイブ)が担当。シナリオ&ゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏と、スタッフは「ドラゴンクエスト8」と同じということになります。
デザインの鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と意欲を燃やしています。
さて、内容が気になりますが、プロモーション映像では、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなど、意味深なものもいくつか見られています。
ニンテンドーDSらしく、タッチペンを使って呪文をかけますが、パーティー全体に攻撃をしかける呪文はタッチペンでターゲットした点を中心に一定範囲に効果を与えることができるようになります。
ネットワークを使えば、友人が画面上のキャラクターとして活躍してくれますが、そんな時に着替えをしてビジュアルを変えることで目立つこともできるようです。
ドラゴンクエスト9は、ネットワークゲームという敷居の高いゲームを、誰でも遊べるものにしてくれるでしょう。

前作同様、製作はレベルファイブが担当し、スタッフも堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏とドラクエファンにはすっかりおなじみのメンバーで製作されています。


ドラゴンクエストファン待望のシリーズ9作目、「ドラゴンクエスト9〜星空の守り人」がついに今年発売されます。
ドラクエと呼ばれて多くのファンを持つドラゴンクエストは、日本で一番売れているロールプレイングゲームです。その驚異的な売り上げは、まさに名実共に国民的なゲームと言えるでしょう。
ドラゴンクエストには本編から派生した外伝的な作品もありますが、今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作になります。
本編シリーズとしては初のニンテンドーDS用の作品となる「ドラゴンクエスト9」ですが、やはり家庭用機での作品とはちがう楽しみ方もできるようです。
ニンテンドーDSのワイヤレス機能を活かして、他のプレイヤーキャラクターと一緒に冒険できることが最大の特徴となるようです。
つまり、今度はワイヤレス通信を使って「本当の仲間と冒険ができる」ということで、1人でしか遊べなかったドラゴンクエストシリーズも大きな変化を遂げたと言えるでしょう。
前作同様、製作はレベルファイブが担当し、スタッフも堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏とドラクエファンにはすっかりおなじみのメンバーで製作されています。
デザインの鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と意欲を燃やしています。
これまでのシリーズ作と大きな違いとして、エンカウントして戦闘シーンに突入するのではなく、PC用のオンラインゲームのように、フィールドにスライムやばくだん岩が歩いており、シームレスにそのまま戦うことが可能になっています。
ニンテンドーDSらしく、タッチペンを使って呪文をかけますが、パーティー全体に攻撃をしかける呪文はタッチペンでターゲットした点を中心に一定範囲に効果を与えることができるようになります。
ドラゴンクエスト9では、キャラクターが装備によって見た目も変化するので、友達とプレイするときにも目立つことができます。
発売前のファンの声では、携帯機用になったことの利便性に対する期待もあり、また一方ではアクション性の強いバトルは「歓迎できない」という声も多いようです。
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。