「ドラゴンクエスト9〜星空の守り人」情報

デザインの鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザ


ドラゴンクエストファン待望のシリーズ9作目、「ドラゴンクエスト9〜星空の守り人」がついに今年発売されます。
ドラゴンクエストは名実共に日本を代表するロールプレイングゲームです。このゲームの発売日には全国各地の販売店には行列ができ、社会的に大騒ぎになるほどの影響力をもったゲームです。
これまで、ドラゴンクエストシリーズには「ドラゴンクエストモンスターズ」などの派生作品がありますが、今回の「ドラゴンクエスト9」は「8」に続く本編シリーズです。
これまでのドラクエ本編シリーズと違い、ドラゴンクエスト9は携帯機のニンテンドーDS用ソフトして発売されるということで、非常に興味深いですね。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
つまり、これまで1人でのプレイしかできなかったドラゴンクエストの世界をネットワーク機能は「本当の仲間と冒険ができるようになる」にしてくれるのです。
制作スタッフは、これまでのシリーズと同じくシナリオとゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏という、ドラクエファンにはおなじみの布陣に、開発は前作同様レベルファイブが担当します。

さて、内容が気になりますが、プロモーション映像では、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなど、意味深なものもいくつか見られています。
また回復や攻撃の呪文は、唱える呪文を選択したあと、ターゲットとなる仲間や敵をタッチペンで触れることで唱えることができます。
ネットワークを使って、友達とプレイする際には、自分オリジナルのコーディネイトで目立つこともできるようです。
ニンテンドーDS用になったことについて、ファンは「どこでも楽しめるようになってうれしい」という声もある反面、「やはり大画面でプレイしたい」という声も少なくないようです。

★⇒ドラゴンクエストの事なら楽天で・・・コチラです。★


驚愕の妊娠成功法

あがり症を治すなら これで解決!!

アトピー治療 一発解決!!
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。