「ドラゴンクエスト9〜星空の守り人」情報

ドラゴンクエストは、世界中の様々ななぞを解き明かしながら冒険を進めるロールプレイングゲームで、最初の発売から21年経っても新作が発売される日には全国の販売店に行列が出来るほどです。


ドラゴンクエストファンが首を長くして待っていた、最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」は2008年中に発売されます。
ドラゴンクエストというのは、日本で一番売れているロールプレイングゲーム(RPG)のことです。略してドラクエ。驚異的な売り上げからも国民的RPGといっても過言ではないでしょう。
今回発売される「ドラゴンクエスト9」はナンバリングシリーズと呼ばれる本編の最新作ですが、外伝的な作品も入れるとシリーズの売り上げ本数は約4100万本にのぼります。
これまでのドラクエ本編シリーズと違い、ドラゴンクエスト9は携帯機のニンテンドーDS用ソフトして発売されるということで、非常に興味深いですね。
シナリオ担当の堀井氏は「以前からネットワークゲームに興味がありました。自分たちが冒険している世界に、違う人がいるというのが、すごく楽しい」と新作をニンテンドーDS用にした理由を語っています。
つまり、ワイヤレス通信を使って、友だちとともにドラクエワールドで冒険することができてしまうということです。
今回も製作スタッフは堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏を筆頭にプロデューサーや製作会社のレベルファイブも前作と同じメンバーで製作されています。
デザインの鳥山氏もDSというプラットフォームには驚かされたようで、「携帯ゲーム機ということで、刺激の薄れかけていたボクとしては、なんだか原点に一度立ち戻れるような気がします。『これぞゲーム!』と自慢できるような、楽しく、シンプルで、インパクトのある新しいデザインを目指して張り切りたいと思います」と意欲を燃やしています。
さて、気になるゲーム内容ですが、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなどプロモーション映像では意味深なものも公開されています。
メラミやホイミなどドラクエファンにはおなじみの呪文ももちろん健在。ニンテンドーDSらしくタッチペンを使って呪文をかける相手を選びます。
ゲーム画面では主人公や敵キャラはポリゴンで描かれ、戦闘画面、フィールド画面ともにクオータービューの3Dとなっています。
ニンテンドーDS用になってどこでも楽しめるようになったドラゴンクエスト9。これなら、夢中になりすぎて会社を休むこともないかもしれません?

インプラント(人工歯根)

軽自動車のキャンピングカー入門

ジャニーズ事務所のアイドルたち
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。