「ドラゴンクエスト9〜星空の守り人」情報

「星空の守り人」というサブタイトルが用意されていることから見ると、過去のシリーズにあった「天空城」のような、空をテーマにしたストーリーが用意されているのかもしれません。


ドラゴンクエスト9発売の話題がなっています。発売もとのスクエア・エニックスによると、サブタイトルは「星空の守り人」とのこと。タイトルだけでもわくわくします。
ドラゴンクエストはロールプレイングゲームの代表として多くのファンを持ちますが、今年でなんとシリーズ生誕21周年になるそうです。
ドラゴンクエスト9は、「\」のナンバリングタイトルが付く本編シリーズで、外伝作品にはないクオリティが期待されます。
「より多くの人に楽しんでもらうために」という理由でドラゴンクエスト9は携帯ゲーム機のニンテンドーDS用ソフトとして発売されます。
これまでのシリーズ同様に、プレイヤー=主人公といったヒロイックファンタジーの世界観に加えて、ニンテンドーDSのワイヤレス機能を生かして、他のプレイヤーキャラクターと一緒に冒険するネットワークプレイが可能とのことです。
つまり、今度はワイヤレス通信を使って「本当の仲間と冒険ができる」ということで、1人でしか遊べなかったドラゴンクエストシリーズも大きな変化を遂げたと言えるでしょう。
ゲームデザインを堀井雄二氏、キャラクターデザインを鳥山明氏、音楽をすぎやまこういち氏という、ドラクエファンにはおなじみのメンバーによって製作されているので、期待を裏切ることはないでしょう。
あのドラクエのテーマでおなじみの作曲家、すぎやまこういち氏も「死ぬまでドラクエの音楽を作り続けます!」と宣言しています。
さて、気になるゲーム内容ですが、「そして、僕たちは天使と呼ばれていた」というセリフや、タイトルロゴにも使われている果実が空から落ちていくシーンなどプロモーション映像では意味深なものも公開されています。

DSには2つの画面がありますが、ドラゴンクエスト9をプレイする場合、上画面がマップ表示、下画面がプレイ画面となるようです。
発売前のファンの声では、携帯機用になったことの利便性に対する期待もあり、また一方ではアクション性の強いバトルは「歓迎できない」という声も多いようです。
★⇒ドラゴンクエストの事なら楽天で・・・コチラです。★


初デートで行く場所

日本の古湯 道後温泉

無駄毛の処理方法
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。